読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

theturthiswin’s blog

企業からスラップ訴訟された、個人の 私が、事実を晒していくブログです

北海道といえば除雪、降雪の後は北西から強風が多い、隣の屋根から雪が舞って落ちてくる風下は何度除雪してもキリがないでしょう、つまり住人不在マンションは大迷惑ですよ


f:id:theturthiswin:20170224081751j:image
北弘電社帯広支社
社屋兼、元賃貸マンション三階建て
東西に半町の横長建物で
【10年以上住人まったく不在建物】などについて
隣人としてメインで
書いてるブログです

ブログをはじめてから近隣住人から
私も迷惑している!と連絡が入り
そうでしょう
私だけでなく町内での問題です

管理体制は隣の住人として
いやおうなく!毎日!見えるわけで

昨夜は
西の入口ゲートを閉めないで全員帰宅
社員は、ゲートなどよく忘れているようです
近所の人なら会社だから住人なし、と知ってます
日曜は完全会社休み、とも知ってます



_________________

入ろうと思えば誰でも北弘敷地に入れます
_________________

過去、東西のエントランスにチェーン
いつのまにか
チェーンは面倒になったのか?やめてしまった
写真↓は現在東ある門柱のチェーンで使われていない

f:id:theturthiswin:20170225190647j:image

そして
現在とりあえず工事現場によくある柵を設置

f:id:theturthiswin:20170225191015j:image
土曜日です
自転車のタイヤ跡があります
通り抜けていく人物もみかけました

社員も業者も自転車使用の者はいません
郵便バイクは西から入り西へ出ていきます

夜中に徘徊老人のような不審人物を
当方リビングから見かけました
菱弘電設の乱雑に置いたものなどを物色するような……
周辺の様子を見るような
怪しい男……

全身真っ黒の服装で幽霊かと思いました


この適当な管理状況、すべては
社員はだれも
【そこに住んではいないから】
他人事
会社内部がセーフならまあいいか……
近所と町内の治安など知らない
という事でしょう


私の家のリビングの目の前を
知らない人達が通過する
それはとても迷惑で
深夜ならば特に警戒すべき驚異ということです



____________

降雪後は
道東はだいたい北西の強風が吹きます
北弘電社の広い屋根に、たまった雪は
周辺に盛大に!
風下へ吹き飛ばされるわけです
【今日の最大風速は北西から18m】
かなりの強風でした

近所の住人は
除雪しても!除雪しても!
北弘屋根から雪が飛んで来るわけで
これは、たまったものではない
それ、よくわかります
吹きだまりができる場所は降雪の倍にもなりますからね

まったく
迷惑以外なにものでもない
北弘電社の三階マンション
我が家の南側も
マンションのため一日じゅう
日影!
いつまでたっても雪が溶けない

公共性のある建物なら我慢しますが
まったく
公共性など一切ありません
住んでる人はいません


____________


帯広 市役所に相談しました
職員二人が私の自宅に訪問してくれて
詳細を聞いてくれました

市役所職員は★人材育成基本方針★として
【地域住人と協働して街作りを推進する】と
あります

街作り、推進、ですか……
ご立派な方針があるんですね

年々悪化してる
帯広駅前通りの過疎ぶり、には
びっくりします
市役所が街作りに前向きに取り組んでいるとは
とても
職員の態度からも見えませんでした





そして
除雪の事で気がついた
残念な事をひとつ

観光客は、なんだこの街の駅前!
歩道が!
除雪されてなーい!
ホテルまでスーツケースを引きずり歩きで移動
凹凸がありまくる
これはタイヘンすぎます
冬に二度と
帯広観光には来ないでしょう

地元住人として恥ずかしい光景を
偶然見てしまいました
……申し訳なくなります

市役所あたりの歩道は除雪されてますよ
この実態を
市役所 職員はだれも
気が付かないのでしょうか?

そもそも
駅前の過疎化は地方都市ならではの
ありがちな傾向ですが
ホテルの多い駅前通りぐらいは
整備すべきでしょう

街の中心部より、大病院か
イトーヨーカドーの方が賑わっている
その周辺の道路だけは混雑

アンバランスな発展、街の成れの果て……

かつて
駅前に人が大勢歩いた時代
いろんな匂いがありました
お茶屋、焼き栗屋、蕎麦屋
空き店舗なんて一切なかった
その時代を知っているだけに
現在の駅前状況は
ほんとに味気なく悲しい……




____________

ところで

北弘電社札幌本社はホームページで
地域社会発展に貢献すると
立派な!企業テーマを掲げてます
その逆を
数十年続けているのだから
呆れ果てます

そのような
建前のようなもの、と
キレイ事を掲げているのが
逆に、腹立たしく思います

それなりの面積を市内住宅街で
占有する立場ならば
責任をとるべき

そうではないでしょうか





家の正面で大型重機が往復、騒音は規制値をはるかに越えています


f:id:theturthiswin:20161228180339j:image

私の住んでいる場所は
条例で
いちばん騒音に厳しい地域です

重機を使わなければならない
広さの会社駐車場ならば
第1種住居地域以外で
そもそも
社屋を構えるべきでしょう




騒音値は条例を遥かに越えていました
朝9時から昼まで続きました

f:id:theturthiswin:20161228181158j:image
当方の敷地内から
ズームレンズではなく
上の写真と同じく
標準レンズでこの近さです

地響きレベルで非常に不快でした

北弘電社 札幌本社は
北弘電社 帯広支社のやってる事など

知らないふりを続けますか?

違法建築のプレハブ倉庫すら
まだそのままです

___________

住人不在で使われてない
マンション等の建築物について
特に公共性がない建物は
放置期間が長いほど、解体すべしとの
判例はあります。




隣人宅に平気で大量の雪を重機で積む北弘電社帯広支社


f:id:theturthiswin:20161211221358j:image
3階建て社屋兼マンションですが2.3階は住人不在


f:id:theturthiswin:20161211165040j:image

f:id:theturthiswin:20161211170824j:image





f:id:theturthiswin:20161211165049j:image

f:id:theturthiswin:20161211170838j:image


過去
北弘電社のマンション(水公園ハイツ)
に住んでいた方から、写真をもらいました

私のブログの存在を知って役に立ててほしい

その方は
北弘のマンション管理に
不満がありマンションを引越したらしいです

写真手前が北弘敷地、柵から奥が当方敷地です
あきらかに
大量の雪が当方敷地に積みあげられました
それにより庭木は損傷して枯れました

もちろん
当方敷地に積んでも構わないなど言ってません

____________






f:id:theturthiswin:20161211165511j:image
同日です
積んであるあたりを気にして家族が撮影



f:id:theturthiswin:20161211165841j:image
北弘電社玄関の東には
2台自販機ありました

数人があつまり当方宅を向きながら
長々と世間話が頻繁でした
リビングからの写真ですから
【集団で覗かれているよう風】は遺憾です

家族は除雪の問題と合わせて
抗議したようです
自販機まで当方敷地から3mの距離

あまりにも世間話にしては
声が大き過ぎるし、男達の人数も多い
外に出る気にならない
そのような話を家族から聞きました





f:id:theturthiswin:20161211165852j:image
北弘電社敷地を除雪する当時の社員
この重機で当方宅に雪を積んだと家族から聞きました


庭に雪を積んでいる瞬間まで
監視しているほど
家族は暇ではありませんから
とりあえず写真を撮ったと思います







その他
手作業の除雪で平気で当方宅の庭に
何度も雪を投げ入れる社員がいました
監督者はそれを見て見ないふり

その時、私は冬休みで家に居ました家族も
その現場を見ています
住んでいる住人がいると解っていながら
ありえない行為です

一言抗議しました

北弘電社責任者からその後なにも!
申し訳ない今後は気を付ける、等々

まったくありませんでした




自宅隣を北弘電社により産廃置場とされていました


f:id:theturthiswin:20161208214146j:image
という会社はとことん責任逃れをします





過去、下の写真の状態でした

f:id:theturthiswin:20161209055936j:image
どのぐらい昔なのか
日付と写真の車種でわかるでしょう

撮影は私の家族でプリント写真から
スキャンしました

当方宅の庭木はすべて横一列揃っています
____________

よく見てもらいましょう
____________

当方宅の北側まで植木は続いています
父は植木を大事にしていました
綺麗に揃えたので
記念として写真を撮ったのです

先に一軒家を建てた
当方宅に気を使う常識的判断で
柵のみの設置でしょう
(この時代は一応、常識ある隣人でした)

今でも当方の庭木が元気に揃っていたならば
最近のなにかしら問題のようなものは
回避されたでしょう






数年後には
庭木のとなりに隣接して
北弘電社はなんと!産廃ゴミ箱とゴミ置場を常設
するようになりました
他に産廃置場の倉庫も場所もあるのに、なぜ?
それは5年以上続きました
(現場作業で出るゴミは子会社の菱弘電設、集合場所に近い方がじぶん達が使いやすいからです)

当方の庭木は年々弱って
【いちばん風通しが悪くなった場所】から
枯れはじめて
数年前にはただ土に刺さっている状態
腐ってきたので抜くしかない
不甲斐ない結果となりました

会社所有の敷地なのだから
会社にとってどんな使い方でもいいだろう
そんなこと
あるはずはありません
仮設置物(常設ですが)とはいえ
不衛生ならば条例として不適切です



下の写真が衛生的に見えるでしょうか?
どう見えますか?

f:id:theturthiswin:20161209060600j:image

f:id:theturthiswin:20161209060749j:image

f:id:theturthiswin:20161211233436j:image

f:id:theturthiswin:20161209060856j:image
一般家庭ゴミ以外は産廃物として管理すべしと
条例でもあります


乾電池が無造作に蓋の上にありました
ドラム缶の下には蛍光灯など
金属ゴミが数年置き去りのまま
ドラム缶の底はいつもジメジメ
いつもくちが開いている大きな袋から
風でビニールゴミなどが当方敷地に
頻繁に入ってきていました

年中、大きなゴミ袋は雨ざらしでした
ドラム缶の蓋の上には雨水がいつもありました
やたら
うちの庭に蚊が多いなと思っていました
もちろん風通しはすこぶる悪い
箱のトラックは写真の場所が定位置で
ほとんど移動することはありませんでした






                      
責任者を変えれば事は無かった事になるでしょうか
そんなことは法的には通用はしません


私も私の家族も
かつては一応常識的であったのが
非常識となっていった北弘電社をよく見ています
私は記録を残すようにと
家族と電話で話をしました






どうにも
今年まで産廃置場を続けていた状態も忘れたようで
それとも、忘れたふりをして
何事もすべて知らないと、開き直りでしょうか

経緯というものが、まるで解っていない
北弘電社帯広支社
責任者の発言を聞いてこの記事をつくりました







糞の始末まで近所が負担するとは、敷地管理はどうなっているのか北弘電社


f:id:theturthiswin:20161207002858j:image


まったく!
口約束など信用できる相手ではない
なにかと常に警戒しています

私は隣人の北弘電社と菱弘電設の
いちぶの社員により
口約束などまったく信用できない、と

心底!!

思い知らされました



●菱弘電設のいちぶの社員数人は
監督者(監督者を無視して)が不在なのを見て
わざと自分勝手な行為で
当方にさらに!迷惑をかけ続けた、早朝1ヶ月間
これは故意です、わざとやっていました
(開き直りを自覚してる行動の証拠動画があります)
それについて
会社側は触れない、知らないふりをしています

そのような数人での嫌がらせ行為を
隣人に対してしつこくやる
社会人とは思えない人達(四人グループ)が
実際に居たのだから、驚きです
今後
社員教育を徹底する】と
私に約束した菱弘電設社長の発言は忘れません
業務中の行為てすから
監督責任を問う用意はいつでもあります


●同意なく私の個人情報は漏らされた
それは、北弘電社の社員により
(それについても知らないふりをしています)
違反行為について本人が自覚がないようです
会社規則を改めて見るといいでしょう


●菱弘電設のいちぶの社員
と思われる嫌がらせがあった
(わざと当方敷地にゴミを投げ入れる等々)
これについては
誰!と特定するのは難しい
しかし今年になって急に多くなった
疑いは
逆恨みを勝手にしている菱弘電設の社員と当然なります
私に対して腹いせ行為を1ヶ月も!続けた末に
いかにも!やりそうなセコい事


●あげくに
北弘電社は会社の力で
顧問弁護士プラス家庭裁判所
個人に圧力をかけてくる訴えをはじめる
(これについてはブログの最初に書いてます)
私が弁護士という代理人をお金で雇わなければ
私自身が裁判所に出向く以外にありません
平日にそんな時間はとれません

相当な不甲斐ない時間損失と
相当な経済的損失を被る事になりました

私は自宅を晒していますから
それだけでリスクがあります
帯広北弘電社と菱弘電設
別に、ここに
住んでもいない責任感のない人達の集まりです




誰かがやった事でオレじゃない
あいつか言った事でオレじゃない
個人的に内面で言い訳しているでしょう
私にとっては全てが、迷惑な数の多い隣人の件です
まるでモグラ叩きで、数が多い面倒な相手です





北弘電社の敷地
雑草が延び放題でも、見て見ないふり

f:id:theturthiswin:20161207205848j:image
(雑草を今年は1度も刈らないまま、冬へ)
会社の敷地に柵も簡易的ロープも無しだから
誰かが気軽に入り
やらかした人糞(野グソ)放置のまま
テッシュ紙付きでしたから人間のクソです
いやおうなく当方宅に臭ってくるので!
その糞!の始末をしてやりました
最低週いち敷地内点検さえ、やらないのは知っています


落葉も溜まり放題
近所の人が【見かねて】処理する場面を秋に見ました
(呆れて会社をじーと、見ていましたよ)
(その気持ちとても同感します)

会社なのに事業者ゴミとしないで
家庭ゴミとして毎週出していた会社です
(だからメイン写真を帯広指定ゴミ袋としました)

最近は
近隣からの目が辛いようで
社員は車での出入りのみに徹しているようです
(マスクを常にして顔を見せたくないようで)

どうみても
ちゃんと敷地を管理してると見えないからで
それを自覚していながら
見て見ないふりを続けている

改めて、やればいいだけの話です
最低でも週いち点検したらどうですか

いつまでたっても住んでいる近隣から
冷たい目で見られるでしょう



老朽化でただの無駄な壁となった
社屋兼住人不在のマンション2.3階なのだから
行く末は決まっています

会社のポリシーを【地域の活性化と】立派に掲げている
本社が
支社の立場を考えてあげる時期でしょう











北弘電社は私の個人情報を外部に漏らしました




f:id:theturthiswin:20161206222027j:image

私のフルネームすべて漢字は

あまりない、まれな名前です

北弘電社側に、外部に渡してよい、と

私は一切【同意】はしていません




北弘電社は、私の個人情報を外部に漏らしました

個人情報を保護しますと
北弘電社ホームページにあります


__________________


利用目的の特定(法15条)

目的外利用の禁止(法16条)

個人情報を取り扱うに当たっては

利用目的をできるだけ特定しなければなりません。

また、原則として、あらかじめ本人の同意を得ずに

その利用目的の達成に必要な範囲を超えて

個人情報を取り扱うことは禁止されています。


個人情報保護法の全面施行に伴い

個人情報取扱事業者は法の定める義務に違反し

この件に関する主務大臣の命令にも違反した場合

「6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金」の

刑事罰】が課せられます。加えて

漏えいした個人情報の本人から

漏えいによる被害や実被害が無くても

漏えいしたという事実による



【損害賠償民事訴訟】のリスクが発生します


______________


北弘電社顧問弁護士の事務所に

私は直接、電話をして聞きました

私の漢字フルネームを何処から入手したのか?

担当弁護士はハッキリと

北弘電社からですと言いました

録音してあります。





___________

担当顧問弁護士は
正直に答える必要はないと思いますが
答えなくても
誰が漏らしたのか?わかりきっています

ひとりしか居ませんから

自宅に何度も知らない弁護士事務所からの速達
送り主の一方的命令と【主観主張がすべて】
そんな意味不明内容文書を
受け取った
経験がありますか?

それにより当方も弁護士を雇わなければ
ならない必要性を感じました




経済的損失となりました










倉庫管理者のプレートを無しとした建築物


f:id:theturthiswin:20161206162536j:image
現在は管理者プレートが剥がされています





f:id:theturthiswin:20161206162546j:image
今年の春、菱弘電設と読めます



菱弘電設帯広支社と同階で同居している親会社は
北弘電社帯広支社です

この倉庫は
私の敷地に接しています
あまりに近いな!と思っていました
距離を計ったところ、法律に触れています
倉庫も建築物です
屋根の部分も含みますから

完全に、違法建築物です



次は過去
北弘電社帯広支社は
隣人に常識的な気配りがあったような
時代の写真をアップします

しかし数年後
私の敷地(庭)に【故意】に北弘電社側の雪を
除雪重機を使い大量に積み上げた
写真もアップします

家族は当然憤慨していました
会社ぐるみ人数で圧力をかけてくる男達

数年続きました

家族はうんざりして別の場所にやむなく住んでいます